ロサンゼルスの思い出

GTAオンライン(Xbox360海外版)の小説化

アボット・キニー

 スケートパークの中に自転車やバギーを放置し、俺とウェルカミング・ワンドは馬鹿笑いしながら陸側を散策することにした。
 しばらく歩くと、人工的な小川で仕切られた、ヨーロッパ風高級住宅地となった。ここは「グランド運河」といい、20世紀初頭にタバコの販売で財を成したアボット・キニーという人が、イタリアのヴェニスにあるグランド運河を再現しようと試みた場所だそうだ。ヴェニス・ビーチの名前もこの計画に由来するらしい。一人の男がこんな壮大な都市計画を立てることができたなんて、相当ボロ儲けだったのだろう、タバコ。
 正直、水の都ヴェニスにはほど遠い仕上がりである。「ヴェニスがモデルだよ」と言われてみれば「ははあ。言われてみればそうかもなあ」とほんのり思える程度。それもそのはず、アボット・キニーの計画は途中で頓挫し、水路の多くは埋められたそうだ。
 しかしそれでも、ここは美しい。映画『バレンタインデー』にも使われた場所であり、まさかこんなフィリピン人の男と歩くはめになるとは思わなかったが、女の子とデートしたら最高だろう。運河は碁盤の目状になっていて、川べりには植栽が映える。遊歩道は自動車が乗り入れられない細さで、通行人も多くはない。小さな桟橋に腰かけて地元の人が談笑している。とても閑静だ。俺たちの歩調はゆるやかになる。ここがロサンゼルスであるということを一瞬忘れかけた。それほどまでにヨーロッパの情緒がある素敵な場所だった。
 だがすぐに、けたたましい銃声がここがロサンゼルスであることを思い出させてくれた。
 クソッタレはどこにでも沸く。俺とウェルカミング・ワンドの優雅な散歩を邪魔する、一人の無法者がサブマシンガンを乱射してきた。完全に油断していた俺は、銃を取り出すことも忘れて逃げ惑った。ひとまず安全な場所に隠れようと、建物の陰に身を潜めた。
 応戦するか。否、俺たちは今、そんな気分ではない。
 建物の陰からそっと窺うと、ウェルカミング・ワンドはのんきなもので、プロモーションビデオ撮影さながら水辺をゆっくりと歩いている。俺が「おい、撃たれるぞ!」と叫んで注意を促しても涼しい顔をしている。俺の英語がヘタだから伝わってないのか? 飛び交う弾丸をハエか何かとカン違いしてるのか?
 見ればウェルカミング・ワンドは両手に白旗を握っている。
 あの白旗はなんだろう。「降参」という意思表示だろうか。あれを掲げていれば撃たれないとでも。いやいやいや、ロサンゼルスはそんなに甘っちょろい都市ではない。命乞いをしたところでクソッタレは少しもためらわず引き金を引く。
 案の定、無法者はウェルカミング・ワンドにサブマシンガン銃口を突き付けた。槍をぶっ刺すような勢いで、顔の前に。しかし、弾丸が出ない。弾丸は発射されなかったのだ。白旗を持つ者に対し、発砲を留保しているわけではない。無法者は顔を真っ赤にしており、撃ち殺す気概は害虫駆除業者くらいにみなぎっている。しかし弾丸が出ないのだ。
 ウェルカミング・ワンドから照準をずらすと、サブマシンガンは再び火を噴いた。銃が故障しているわけでもない。連射状態を持続したままウェルカミング・ワンドに的を絞っても、弾丸はそれた。まるでバリアに守られているようだった。
 ウェルカミング・ワンドはニコニコしながら俺に近づいてきた。その背後には無法者が、サブマシンガンを構えたまま、口汚い言葉を吐き散らしながらついてきた。
「君も白旗を持て。敵の攻撃が当たらなくなる」
 言われたとおりにしてみる。無法者は俺の姿を見るなり面舵いっぱい、銃口をこちらに向けてきたが、やはり弾丸が肉を裂くことはなかった。なんだこれは、何のおまじないだ。
 ウェルカミング・ワンドが説明してくれる。
「白旗を持っているあいだは不死身だ。だが、両手がふさがっているので、こちらからも相手を攻撃することはできない」
 こんなすごい防御法があるなら、最初に教えてほしかった。無駄死にする機会もだいぶ減ったろうに。
「行こう」
「ああ」
 無法者を完全に無視し、俺たちは散歩を続けた。無法者は怒り狂いながら、どこかに全速力で走り去って行った。
 俺たちは太陽の沈む方向へとチンタラ歩き、「アボット・キニー大通り」に出た。ヴェニス・ビーチに、グランド運河。この辺はアボット・キニーまみれだ。この大通りは、オシャレなカフェやレストラン、アパレルショップや雑貨屋が並び、ハリウッドセレブも多数訪れる人気スポット。わくわくしながらぶらついた。
 すると。
 背後から1台のタクシーが猛スピードで突っ込んできた。ウェルカミング・ワンドは間一髪よけたが、俺はダルマ落としのように撥ねられて即死した。
 薄れ行く意識の中で、ウェルカミング・ワンドが笑いながら説明してくれた。
「言い忘れてたけど、車にひかれたらダメージを受けるし、最悪死ぬ。車に乗ってる最中に撃たれても死ぬ。それから、警察の弾は当たる」
 早く言ってほしかった。ていうかなんで笑ってる。