読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロサンゼルスの思い出

GTAオンライン(Xbox360海外版)の小説化

サルマスクと一緒に警察から逃走する

 スーパーカーは俺の粗暴な運転のせいで大きなダメージを受けており、エンジンはなかなか掛からなかった。セルモーターがキュルキュルと空回りをする。キーを捻ること数回、ようやくエンジンを死の淵から目覚めさせた。
 逃走を開始した。
 光沢のあったアメジスト色のペイントは、度重なるクラッシュによって傷だらけになり、引っ掻き傷で塗料が白く剥げている様はさながらハトのフンの豪雨の中を走ってきたようだった。
 スーパーカーはもはや瀕死の状態にあり、本来の馬力が出るはずもない。ビジュアル相応の、ぶざまな速度で走行した。
 警察の追撃は、仲間を皆殺しにされた恨みからか、これまで見たこともないほど苛烈な物だった。逮捕することなど全く想定していない、俺たちをスーパーカーごと亡き者にしようという怨念をひしひしと感じさせる激しさだった。ここはデストラクションダービーの会場かと錯覚するほど、数台のパトカーが捨て身の体当たりを代わる代わるお見舞いしてくる。上空からは、ヘリコプターに乗った特殊部隊が自動小銃で銃弾の雨を降らせて来る。
 エンジンルームから出る煙は、初め、線香のように細く白く立ち昇っていたが、やがてその量を徐々に増していき、今では火葬場の煙突から出る黒煙のように太く濃くなっていった。いよいよご臨終かと思われた。
「車を停める。停まったら、すぐ外に出て、車から離れろ」
 そう言うと、彼はビルとビルの合間の狭い路地に逃げ込み、スーパーカーを乗り捨てた。文字通り乗り捨てた。座席に手榴弾を残し、一目散に外へと飛び出したのだ。俺は慌てて彼のあとに続いた。爆発。スーパーカーは派手な最後を迎えた。
 パトカーの群れが路地の中に進入してきた。その1台目のフロントガラスに、彼はマシンガンの洗礼を授けた。そうして警察官を車内で絶命させると、運転手の死体を引きずり下ろし、パトカーを奪った。俺も助手席側の死体を排除し、座席に収まった。アクセルをベタ踏みし、猛スピードで路地を抜け出した。路地を出る際、ひょっこり出て来た通行人をはねとばした。
 パトカーに乗り換えたからと言って、逃走劇に幕を下せたわけではない。同僚が乗っているわけではないとしっかり認識しているらしく、後続のパトカーは気が違ったように激しい接触を繰り返してきた。
 彼はサイレンを鳴らし、前方の車両に道をあけさせ、ハリウッド大通りをビバリーヒルズ方面へと急ぐ。彼は運転しながらも、忍者がマキビシを撒くように惜しみなくボトボトと手榴弾を落とした。後方でパトカーが次々に爆発した。そのおかげで、警察の集団と少し距離がひらいた。
 一軒の高層マンションの前で急停車。彼はマンションの自室に逃げ込み、俺も中に入れてもらった。警察は俺たちの姿を見失った。